引っ越し費用 見積もり 引越し侍

引っ越し費用を一括比較して引っ越し費用を安く抑えて賢く節約する方法

部屋探しが終わって、新居が決まったら、なれない引っ越し準備に引っ越し手続き。大変ですよね。

特に気になるのが、引っ越し費用です。ただでさえ、賃貸の場合は入居時に敷金・礼金などがかかるので、引っ越しにかかかるお金はなるべく節約したいもの

引っ越し費用を確実に安く抑えるための鉄板4ステップ

引っ越し費用って業者によってだいぶ(場合によっては数十万円!)違うので、損をしないためには、以下の4ステップを確実にこなす必要があります。

  1. 今すぐこのサイトのボタンをタップして、引っ越し費用を一括見積もり依頼する
  2. 数分から2-3日以内にメールで、10社近くから大まかな見積もりの返信が来るので、数社の料金見積もりを比較して、相場をつかんでから
  3. 安めの料金見積もりを出してきた引っ越し業者3-4社(ここ重要!)に無料出張査定(立会い見積もり)を依頼する
  4. 現地見積もりに出張してきた引っ越し屋の営業担当さんに、「他の引っ越し業者にも見積もり依頼している」と告げるだけ

これだけで、あっけないほど簡単に、営業さんが出してくる見積もり料金がガクっと下がり、引っ越し費用を大幅に節約できます

今すぐ一括見積もりで引っ越し費用を大幅に節約しよう!

今すぐこの下↓のフォームに入力するだけです!
スマホでも簡単!
年度末の3月-4月は繁忙期で引っ越し業者もスケジュール・日程に余裕が無くってくるので、とにかくまずは急いで一括見積もりしておきましょう!

現住所の郵便番号 - 郵便番号検索
引越し先の都道府県
引越しタイプ 単身 家族 オフィス

引っ越し貧乏にならずに済みます。

引っ越し費用が割引になるお得な一括見積もりはコチラ

引っ越し費用の一括見積もりの中でも、クマムシの「あったかいんだからぁ」のCMで有名な引っ越し侍。最近では「引越し侍は、引越し業者ではありません」なんていうCMも出しています。(笑)

この「引っ越し侍」は、CMの派手さに比べると、意外とすごく丁寧な仕事をしていて、大手だけでなく、地元の引っ越し業者とも幅広く提携しています。そうすると、引っ越し業者選びの幅も広がり、更に、引っ越し侍経由で引っ越しを申し込んでいれば、割引やキャッシュバックなどもあってお得なのです。

スマホでも1分! 簡単にできる引っ越し料金の一括見積もり依頼

とにかく操作は簡単。この下のほう↓あるバナーをタップすると、こんな画面になります。
まずは

  • 現在お住まいの地域の郵便番号
  • 引っ越し先の都道府県
  • 単身か家族全体の引っ越しかを選ぶ

こんな風にスマホでも見やすい画面になっているので、サクサクと情報を入力できます。

あぁっ! そんなことを説明している間にもどんどん一括見積もり依頼が入ってきています!!!!
あなたも急いで、この下↓のバナーをタップして、一括見積もりしてください!
↓↓↓↓↓↓

引っ越し費用一括見積もり
見積りで、引っ越し料金が最大50%オフ見積りで、引っ越し料金が最大50%オフ

実は、他にも引っ越し費用の一括見積もり仲介業者はたくさんありますが、ここまでみっちり提携している引っ越し費用業者は他にないと思います。

引っ越し費用一括見積もり業者のなかには、ろくに引っ越し費用の見積もりも返ってこないのに、やたらと光ファイバーインターネットやウォーターサーバーの宣伝ばかりしてくる、他の仲介で儲けるのがメインになっている悪質な業者もありますので、注意してください。

引っ越し費用が安い引っ越し業者を地域から検索

地域名

引っ越し費用を安くする方法

スマホで引っ越し費用見積もりはネット申し込みで終わる?

テレビでは「ネットで引っ越し費用のスマホ見積もり」なんて宣伝しても、必ず「詳細は一度、現地で見積もりを」ってなります。

そういう引っ越し業者の作戦なんです。実際、目の前に引っ越し屋の営業さんを目の前にすると、人間なかなか断りにくいものです。

「わざわざ来てもらっている」という引っ越し費用の見積もりを依頼した人の心理的な「負い目」につけ込んでいるのです。

なので、「引っ越しする人の家に、どうやって一番に行くか」が引っ越し業者の焦っているところなんです。

そんな競争がいきすぎて、最大手の引っ越しのサカイなどは、夜中にネットで見積もりすると、平気で夜中に電話かけてきます。注意しましょう

もし深夜にでも電話がかかってきたら「常識なさすぎ」と言って断るのが無難です。そんな引っ越し屋は東証一部上場でもブラック企業です。

実際、私も一度引っ越しのサカイに引越しを依頼した体験ですが、作業員はどう見ても引っ越しバイトの素人で引っ越し作業もひどいもので、家電製品や家具を壊され、保険の請求をさせられました。。。。

引っ越し費用を他社でも見積もりしていることを知らせる

一括で引っ越し費用を見積もりしていても、引越し業者の営業担当者は意外とそのことを知らされていません

「ほかの業者にも引っ越し費用の見積もりとってます?」と必ずさぐってきます

このとき、必ず「当然、他の引っ越し業者にも見積もりをとっています」と伝えましょう

その場で引っ越しの契約はしない

引っ越し業者が見積もりに来て、「ある程度安い値段で言ってきても、その場で安易に契約しない」と心に決めておきましょう。

「他の引っ越し業者と費用を見比べてから連絡します」と言って、いったん帰ってもらう場面を頭の中にイメージしておきます。

ごく稀に「今この場で契約してくれたら、この引っ越し費用でやります」という交渉をしてくる引越し業者もいますが、たいていは後で連絡しても、いったん出した一番安い値段を引っ込めることはありません。

安心して、冷静に他の引っ越し業者と、費用見積もり・価格交渉をして、最後に決めればOKです。

費用見積もり中に他の引越し業者から電話がかかってきたら、電話に出る

一般的なマナーとしては、来客中に他の人から電話がかかってきたら、マナーモードにしておくか、折り返すのが普通ですが、上でも説明したように、引っ越し費用の交渉は「ライバルがいることを感じさせる」のが一番効果的です。

そのため、引っ越し業者A社の見積もり中に、他の引っ越し屋B社から電話などがかかってきたら、A社にはちょっと待ってもらって電話に出てしまいます。

B社には、「あぁ、今他の引越し業者さんが費用見積もりに来ているので、30分後にもう一度電話していただけますか?」とA社の人にも聞こえるように、大きな声で伝えます。

これで、A社にもB社にも引っ越し費用の見積もりを取っていることが両者に分かりますので、それだけで何もいわなくても引っ越し費用はどんどん下がっていきます(*^^)v

引っ越し費用一括見積もり
引っ越し費用一括見積もり引っ越し費用一括見積もり

引越しを安く済ませるためのポイント

引越しを安く済ませるためのポイントを更新しました!

引っ越し屋に文句を言わせない、でもちゃんと納得してもらえる料金交渉術や引越し業界の裏情報についてまとめています。